2014年6月末から人気を盛り返してきたバイナリーオプション

バイナリーオプションはある一定の期間内にレートが円高になるか円安になるかを予想する金融商品です。FXで最も難しい注文・決済のタイミングを排除した金融所品でレバレッジ規制で最大レバレッジ25倍になってしまった今人気上昇中の金融商品です。

 

細かいルールは様々ありますし、そのルールによって戦略や必勝法が違ってきます。当編集部では人気のバイナリーオプションとその戦略・必勝法について掲載していますので注目してください。

外為オプション【GMOクリック証券】

1,000円のペイアウトを得る為の購入金額が1円〜999円まで変動するラダーオプションタイプのパイナリーオプションの外為オプション。取引の少ないレンジインオプション・レンジアウトオプションを廃止してラダーオプション一本でのサービスになりました。

1日の取引可能回数 通貨ペア 倍率 取引手数料
11回 4通貨ペア 1,000〜1.001倍 無料

バイナリー・トレード【FXトレードフィナンシャル】

バイナリー・トレードは唯一レンジタイプのオプションを残すバイナリーオプション。

  • ラダータイプ
  • レンジタイプ

の二種から選んで取引することができます。人気は外為オプションですがサブ取引口座として必ず利用されている重要なバイナリーオプションです。

取引金額 通貨ペア数 オプション回数 倍率 取引手数料
100〜9,900円 6通貨ペア 11回 1.01〜100倍 無料

みんなのバイナリー

みんなのバイナリーは1,000円の払い戻しを受ける為のチケットの価格が50円〜990円まで変動することによって倍率を決めている。倍率にすると1.01〜20倍になる。
目標レートが6種類あり円高方向に3種、円安方向に3種レートが離れるにつれて倍率が高くなる。判定時にこのレートを超えていれば(予想方向に)払い戻しされる。目標レート決定の5分後から判定時刻の10分前の20分間購入可能。判定時間が近づくにつれて倍率は低くなる。
乱高下する重要指標発表時などに高配当の目標レートで稼ぐ方法もある。

取引金額 通貨ペア数 オプション回数 倍率 取引手数料
50円〜990円 3通貨ペア 1日11回 1.01〜20倍 無料

LION BO【ヒロセ通商】

1時間の取引時間中に購入時間のレートより判定時間のレートが上か下かを予想するだけのシンプルな取引。判定時間の5分前まで購入できますので最短5分で投資資金がおよそ1.9倍になってしまうんです。
判定時間前に取引を権利放棄することも出来るので判定時間までいくと予想が外れてしまう時に早めに利益確定させたり、このままいくと外れてしまうと言う時に早めに権利放棄して損失を抑えるといった事ができます。また、両建て、ナンピンも出来ますので取引方法の幅が広がってきます。

通貨ペア数 オプション回数 倍率 取引手数料
3通貨ペア 1日8回号 1.0〜100倍 無料

バイナリーオプションだから乗り切れるこのロシア危機

ロシアのウクライナ情勢の介入からはじまったロシアルーブル安がOPECの減産見送りにより拍車がかかって、ロシア中央銀行の利上げ措置もむなしく史上最安値というロシア経済危機がここへきて勃発。

 

あおりを食らった円は急騰し、これまでの円安一辺倒のレートを121円台から一時115円台とドル/円で6円も下げた。右肩上がりで円安だったので押し目買いしていれば勝てる状況でついついロット数も増えて今回大きな損失を蒙った方もFXでは多いと思います。

 

 

しかし、バイナリーオプションで取引していた方はそうはなっていないですよね?利益も限定的ですがリスクも限定的だから。損失を出す時は利益を上げている時よりも大きくなってしまうものです。

 

ですからこういったときはそういうリスクがあることを頭においておかないとFXでは大きな損失を蒙ってしまいかねません。バイナリーオプションなら損失が限定的なのでFXのように資金がショートして相場から退場となることも少ないので、継続して取引しているうちに知識が高まり勝率もアップすることでしょう。

 

そうやって継続的に取引する中で頭の中では、FXでの取引を想定しながらシュミレートしていけばスムーズにFXに移行する事も可能ですので、そういうことも念頭にバイナリーオプションを継続していきましょう。

トレンドを掴めばおのずと勝てる!

商いの薄いレンジ相場ではトレンドは出ませんが、それでも利益を出すことが出来るのがバイナリーオプションの特徴ですが、バイナリーオプションは短い時間内の相場の動きを予想するものなのでトレンドの方向さえ掴めれば大きく負け越すことはない投資商品です。

 

トレンドを予想するのも難しいですが、各社から便利なツールが無料でリリースされていますので利用しない手はないですね。

 

ぱっと見テクニカル【FXプライム】


FXプライムの相場予想ツール『ぱっと見テクニカル』の形状比較は現在のチャート形状と過去の相場のチャート形状の中から一致率の高いチャートを瞬時に導き出し、今後の相場を予想するツールです。
FXの裁量取引では決済タイミングがある為参考程度にしか使えないツールでしたが、バイナリーオプションとの相性は抜群
トレンドを予想するのに最適なぱっと見テクニカルはバイナリーオプションをするにあたり必須のツールです。

 

 

みらいチャート【セントラル短資FX】


みらいチャートはぱっと見テクニカルの形状比較分析とほぼ分析能力を持つツールです。現在のチャート形状と過去の相場のチャートの形状の一致率の高いものを3つ選び出し、未来の相場を予測するツールです。
時間足を変えることによって様々な分析結果が出ますのでトレードする時間間隔に合わせて設定する事でその時のトレンドを予測する事ができます。
セントラル短資FXの無料口座開設をするだけで無料で利用できます。またセントラル短資FXのFXトレード・プラスではオフショア人民元/円(CNH/JPY)の取り扱いも始めましたので今後あるであろう人民元切上げに対する仕込み口座として注目されています。

 

2014年12月現在、とうとう米ドル/円が121円台に突入しました。少し歯止めが効かないほど円安の時代に突入しています。これだけリーマンショック前の水準まで戻っているのだから景気も戻っていいはずなのにそれ程戻ってはいない。一部輸出系の会社トヨタなどの国内で円高対策に取り組んできた企業などは創業以来の最高利益を叩き出していますが、煮えを切らして海外に製造拠点を移してしまった企業が多く、そういった企業は為替の変動の影響を受けなくなっているのでこの円安でも利益を上げられなくなっているのです。

 

追い打ちをかけて原材料を輸入に頼っている業種では、円安により原材料高に悩まされ、利益が縮小されてしまっている。円安を好景気だった時の水準まで戻せば景気も上向きになるはずという考えのもとに政府と日銀による異次元緩和にてここまで円安になったが景気の方はいまいち期待外れといったところ。

 

しかし、そんなことはバイナリーオプションには一切関係ありません。読みやすい円安一辺倒な相場になっただけ勝率も上げやすいので今がバイナリーオプションのチャンスです。

更新履歴