銀行カードローンとの違い記事一覧

消費者金融と銀行系カードローンの違いの中でも「総量規制の対象の有無」は特に大きな違いとなっています。総量規制は、貸金業法に基づいた融資が行われる場合に適用される法律であり、年収の3分の1までが融資可能な金額の上限として設定されています。消費者金融は貸金業法に基づいた融資を行っている関係から総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超えてお金を借りるということは基本的には不可能となっています。それ...

消費者金融や銀行カードローンを利用する場合には、基本的に保証人担保を用意する必要はありません。これは、融資を申し込んできた本人の個人信用情報をもとに審査を行っているためであり、こうした点もこれらのローン商品が手軽に利用できる要因となっています。与信判断としての考え方但し、融資を行ううえでの与信判断としての考え方は消費者金融と銀行カードローンとで違いがあります。基本的には消費者金融は自社の判断で融資...

消費者金融特有のサービスとして無利息期間というものがあります。カードローンを利用してお金を借りる場合、所定の金利によって計算された利息を併せて返済する必要があります。無利息期間とは?この利息が一定期間発生しないというものであり、この期間に返済をすれば利息を含めずに返済することができます。もともとは集客の一環として期間限定のキャンペーンとして行われることが多かった無利息期間ですが、消費者金融の競争原...

銀行カードローンと消費者金融とでは様々な違いがありますが、融資を行うにあたって基準となる法律にも違いがあります。消費者金融では貸金業法という法律を基にして融資を行っています。融資ができる金額が年収の3分の1までという規定が設けられた総量規制についてもこの貸金業法に基づくものであり、この他にも消費者金融の融資に対しては様々な規定があります。例えば融資を行ううえで適用される金利についてもこの法律に沿っ...

消費者金融と銀行カードローンの違いのひとつに、利用するための条件というものがあります。勿論、消費者金融も銀行カードローンも融資を行うということは共通していますので、利用するための条件については大きな違いはありません。基本的には20歳以上であること毎月安定した収入を得ていることなどの条件は、消費者金融や銀行カードローンであっても同じものといえます。では何が違うのかといえば、銀行カードローンの場合は自...