銀行カードローンと消費者金融は適用される法律の違う

銀行カードローンと消費者金融とでは様々な違いがありますが、融資を行うにあたって基準となる法律にも違いがあります。

 

 

消費者金融では貸金業法という法律を基にして融資を行っています。


融資ができる金額が年収の3分の1までという規定が設けられた総量規制についてもこの貸金業法に基づくものであり、この他にも消費者金融の融資に対しては様々な規定があります。例えば融資を行ううえで適用される金利についてもこの法律に沿って決められており、

 

 

例えば、融資を行う金額が10万円〜100万円未満の場合は上限金利が18%迄


と決められています。かつては出資法と利息制限法で定める金利とは異なっていることから、その間の金利をグレーゾーン金利と呼んでいた時期もありましたが、現在では法律改正に伴ってこの金利を超えて融資を行った場合には違法ということになっています。

銀行法と貸金業法との違いとは?

いずれにしても、実際にお金を借りる人のことを考えた法律改正となっているといえるでしょう。それに対して

 

 

銀行カードローンが融資を行う根拠としているのは銀行法という法律です。


銀行法でも金利に対する規定がありますが、こちらには融資を行ううえでの年収に対する規定がありません。その為、融資を行うにあたり最低でも年収が◯◯万円以上必要という明確なルールは銀行カードローンには存在しないということになります。

総量規制が影響する消費者金融の貸付

当然ながら総量規制の規定もありませんので、ある意味年収がなくても銀行カードローンで融資を受けることは可能です。

 

 

銀行カードローンなら専業主婦も利用可能なのかしら・・・


個人的な収入を得ていない専業主婦でも銀行カードローンであれば融資を受けることができるのは、こうした銀行法の規定があるためですが、ほとんどの銀行では毎月安定した収入を得ていない人の場合は融資を受けることができないようになっています。

 

これらの法律は時期によって改正も行われることがあり、それに応じて銀行カードローンや消費者金融で融資を受けられる内容も変わってきますので、法律についても理解しておくと良いかもしれません。