消費者金融の金利に関する知識記事一覧

消費者金融と銀行カードローン、いずれも「お金を借りる」という点では共通していますが、実際のその内容については様々な違いがあります。両者の違いの中でも特に顕著なものといえるのが融資を受ける際に適用される「金利」についての違いです。一般的な消費者金融で適用される金利と銀行カードローンの金利の比較についてですが、以下の通りとなっています。・消費者金融の場合…4.5%〜18.0%・銀行カードローンの場合…...

お金を借りたいと思うのならまず絶対に必要不可欠なのが「身分証明書」です。これは、運転免許証(写真つきなので最優先で求められる)パスポート健康保険証(※現在は住民票などのプラス書類が必要)などといったものが相当しています。しかし現在では写真の付いていない健康保険証は、金融庁からの指摘により住民票などのプラス書類が必要になっています。写真がないと本人確認書として不適切という判断が下されたのです。編集者...

キャッシングは返済期日迄に支払いをすることが求められており、その返済日迄に支払う事ができなければ遅延損害金を支払わなければなりません。これは固定されている金額が存在するわけではなく、割合という部分で追加されることとなります。遅延損害金は1日でも遅れたら発生するのかなぁ・・・ここで追加されるのは金利であり、通常の金利で計算されるわけではなく、利用限度額に関係なく利息制限法の最も高い上限金利迄引き上げ...

消費者金融のカードローンには無利息期間サービスという特別なサービスを利用できるものがあります。現在無利息期間サービスを利用できるのは大手消費者金融のアコム・アイフル・プロミス・ノーローンがその対象となっており、無利息期間サービスを利用することにより期間中は無利息ででお金を借りることが可能となります。無利息期間サービスの便利な使い方としては予め返済のお金を用立てる事ができる場合に利用するのが最も便利...

金融業者から融資を受けると金額に応じて利息がかかり、これは各業者がそれぞれに決定しています。しかし、業者が自由に決定出来るという訳ではなく金利には上限金利というものが定められており、その上限金利内で業者は独自に金利を決定しているのです。法律上で決められている上限金利には、利息制限法と出資法によって定められたものがあり2010年6月18日前まで出資法の上限金利は29.2%となっていました。出資法とは...