遅延損害金について知っておこう

キャッシングは返済期日迄に支払いをすることが求められており、その返済日迄に支払う事ができなければ遅延損害金を支払わなければなりません。これは固定されている金額が存在するわけではなく、割合という部分で追加されることとなります。

 

 

遅延損害金は1日でも遅れたら発生するのかなぁ・・・


ここで追加されるのは金利であり、通常の金利で計算されるわけではなく、利用限度額に関係なく利息制限法の最も高い上限金利迄引き上げられて計算されます。仮にこの上限金利が借入金額の上限金利を上回っていたとしても無効にはならず

 

 

早急に連絡を入れる事で譲歩してもらえるケースもあるので放置しておくのはよくありません。


正当に請求できる金利になります。この遅延損害金の年率ですが、基本的に大手消費者金融では10万円未満の借入時に適用されている上限金利の20.0%に設定されている業者が多いです。

遅延損害金の年率は・・・

プロミスやアコムでは20.0%(実質年率)の年率を採用しており、15%や18%の上限金利で融資を受けている場合でも一律20.0%(実質年率)ということになります。遅延損害金の年率は18%で融資を受けている利用者からすればとそれほど痛手に思われないようですが、

 

 

銀行カードローンの遅延損害金の年率は消費者金融の遅延損害金の年率より低いのかなぁ・・・


15%で融資を受けている利用者で多額の残高がある場合は5%の差額といっても馬鹿にはできません。1週間遅れれば7日間は20.0%で計算された利息を支払うことになるわけですから、うっかりミスによる遅延ならば早々に返済を行い、

 

 

遅延損害金については銀行カードローンも利用限度額に関係なく19%〜20.0%の間で設定しているものが多く殆ど消費者金融と差がありません。


一応は連絡は入れておくべきです。また、実際に返済日迄に返済するお金を用意できなかった場合は早急に借入先に連絡を入れて相談して返済に関してできる限り譲歩してもらえるようにすることが賢明です。

 

 

返済が厳しくなった時点で債務整理するのがベストではないのかなぁ・・・


継続して返済する能力が無いとなれば債務整理の選択も取れますが、法的な解決を検討する前に法的な方法以外で解決策を探る事も必要です。あくまでも、債務整理は最終手段であり、選択したとしても結果、

 

 

債務整理はデメリットも多い為、おまとめローンや借換えで完済できる見込みがあるのなら安易に債務整理すべきではありません。


自己破産しなければならない状況だけは避けたいものです。遅延損害金が発生する返済の延滞こそが悪循環を生み出す要因ともいえるので返済日には必ず返済できるように家計を管理しなければなりません。