プロミスですぐ借りれる方法はの二通りの融資方法がスピーディーな即日融資の秘訣

プロミスですぐ借りれる方法はプロミスの二通りの融資方法があります。

 

  • 振込融資よる即日融資
  • 即日カード発行によるATMでの引き出しによる即日融資

振込融資よる即日融資

 

プロミスの即日振込は、

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば24時間365日振込可能な他のカードローンにはない瞬フリ※サービスがあるのですぐ借りるのに有利。その他の金融機関でも平日14:00までに契約完了すれば即日振込可能です。


※いずれかの口座を登録する事により利用可能です。

なので、振込融資よる即日融資はプロミスでは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間365日即日振込が可能なので他のカードローンよりもすぐ借りれる可能性が高くなります。

即日カード発行によるATMでの引き出しによる即日融資

 

即日カード発行できるかどうかは、近くに自動契約機があるのかどうかに掛かってきます。


その判断の目安となるのが自動契約機の設置台数です。プロミスでは全国におよそ1,700台の自動契約機を設置しており、この台数は業界ナンバーワンです。更にATMを併設している自動契約機はおよそ1,694台とほとんど併設しています。

これは自動契約機ではキャッシングはできませんので、カード発行した後すぐとなりのATMですぐ借りれるということを意味します。なので自動契約機の設置台数の多いプロミスなら、即日カード発行によるATMでの引き出しによる即日融資の場合もすぐ借りれる可能性が高くなります。

すぐ借りたいならプロミスの最短即日融資

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率年 4.5%~17.8%
限度額最高 500万円

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
メガバンクの三井住友銀行カードローンをはじめとする保証会社業務もこなす審査のプロ。なのでしっかり与信を見て審査してもらえます。パート・アルバイトの方でも安定収入があれば申込が可能で女性の方には同条件で申込めるレディースキャッシングも用意されています。もちろん男性・女性問わずマネーアドバイザーが借り入れの相談にも乗ってくれるので安心です。
またプロミスの最大のメリットは初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)で返済期間が短ければ銀行カードローンよりも安い利息も可能。スピード審査で即日振込(全銀システムの稼働時間拡大により対応金融機関多数で各金融機関により対応時間が異なりますのでプロミスのHPでご確認ください)や即日カード発行(契約完了後最寄の自動契約機にて)で即日融資に対応しています。
※即日融資は申込の時間・曜日により当日融資不可能な場合があります。

今!即日融資に必要な情報が一発検索できる!

当サイトからの即日融資BEST3

プロミスのメリットをもっと知りたい方はこちら

返済金額が少しずつしか返せない

今日会社休みだけど審査完了する?

収入のない専業主婦は以下のカードローンに申込めません!こちらの専業主婦専用カードローンへ!

プロミスがすぐ借りれる理由

私が実際に審査・即日融資を受けて即日融資に適したカードローンのBEST3

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率 年 4.5%~17.8%
限度額 最高 500万円

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!

  • 全銀システムの稼働時間拡大により契約完了で即日振込可能な金融機関拡大(詳細はプロミスHPで)
  • 振込先の金融機関も選ばない
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座を持っていれば最短10秒で※24時間・365日刷り込み可能な瞬フリ
  • 契約が完了すれば自動契約機で即日カード発行可能(審査結果による)
  • 自動契約機も全国に多数ある(プロミス+三井住友ACMで最多)ので場所を選ばない
  • 初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)でぐっと利息引き下げ
  • 在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談が出来るので誰にもバレずに申込めるので安心

※メンテナンス時間以外。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 年 3.0%~18.0%
限度額 最高 800万円
  • 全銀システムの稼働時間拡大により契約完了で即日振込可能な金融機関拡大(詳細はアコムHPで)
  • 振込先の金融機関も選ばない
  • 楽天銀行の口座を持っていれば最短1分で※24時間・365日刷り込み可能
  • 契約が完了すれば自動契約機『むじんくん』で即日カード発行可能(審査結果による)
  • 自動契約機『むじんくん』も全国に多数あるので場所を選ばない
  • 最大30日金利ゼロサービスでぐっと利息引き下げ

※メンテナンス時間以外

SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率 年 3.0%~18.0%
限度額 最高 800万円
  • 全銀システムの稼働時間拡大により契約完了で即日振込可能な金融機関拡大(詳細はSMBCモビットHPで)
  • 振込先の金融機関も選ばない
  • 契約が完了すればローン申込機で即日カード発行可能(審査結果による)
  • ローン申込機も多数あるので場所を選ばない

現在専業主婦で即日融資の芽はない

専業主婦の方は上記の即日融資に適したカードローンのBEST3のカードローンには申込めません。理由は以下になります。

収入のない専業主婦は、総量規制により消費者金融に申込む事はできません。正確に言うと配偶者貸付という総量規制の例外がありますが、収入のある配偶者の了承を得なければ例外が適用されない為、

 

消費者金融で配偶者貸付を適用している商品はありませんので申込むのは不可能になります。


そうなると専業主婦が申し込めると銀行カードローンしかなくなるわけですが、確かに専業主婦が申込める銀行カードローンがあったのですが、現在は金融庁の規制によりほとんどの銀行カードローンが申込を自主規制していて申し込むことが出来ません。

 

しかも全銀行カードローンで即日融資不可能になってしまいましたので、専業主婦の即日融資は完全不可能になりました。


収入のない専業主婦の方がどうしても即日融資を受けたいという場合は、収入のある旦那さんに相談して旦那さんに申込んでもらう事以外はありません。

2,000円ずつしか返済できないんですけどいくらまで借りれますか?

 

2,000円ずつしか返済できないんですけどいくらぐらい借りれますか?


カードローンの申込デスクにはこういった返済金額を基にした借入金額の問い合わせが多いようです。もちろんそれはそうでしょう。借りたはいいが返原資が少ないようではすぐに返済が滞ってしまいます。

返済が遅延してしまった時には遅延損害金年率20.00%という高金利の遅延金を払わなければならないので、このようにしっかり返済計画を練った借入は正しい行動と言えます。

返済金額を基にした借入金額は最低返済額によって変わる

 

カードローンではそのカードローン規定の最低返済額を返済すれば遅延・滞納にはなりません。


ですので規定の最低返済額が低いほど少しの返済額でたくさんのお金を借りれると言うことになります。即日融資可能なカードローンの最低返済額を見て見ましょう。

金融業者 対象借入残高 返済額規定 残高5万円 残高10万円 残高30万円
プロミス 30万円以下 借入額の3.61%以上(1,000円未満切り上げ) 2,000円 4,000円 11,000円
プロミスレディース 30万円以下 借入額の3.61%以上(1,000円未満切り上げ) 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 1万円~30万円 4,000円・8,000円・11,000円 3,000円 5,000円 13,000円

※スマートフォンでは表をタップしてスライドしてご覧いただけます。

以上のことから

 

プロミスなら2,000円ずつしか返済できなくても5万円借りれるということが言えます。


すぐ借りれる方法の多いプロミスの隠れたメリットは・・・?

プロミスなら在籍確認の電話を別の方法で確認してもらう相談が出来る

もし会社へ電話されたら困るという方も

 

プロミスなら心配することはありません。


電話の際には担当者個人の名前で電話が掛かってくるのでプロミスからの電話とばれることはありません。それでも電話はちょっとという方には別の方法で確認してもらう相談ができます(オペレーターに確認済み)。

しかし、即日融資の希望であれば会社への在籍確認をしてもらった方が早く手続きが済みます。

またプロミスは金利も低いので有利です。カードローンでは特に金額を希望しない限り大きな借入枠を貰うことはありません。最初は50万円以下がほとんどです。その場合最高金利が適用になる訳ですがアイフルは年18.0%に対しプロミスは年17.8%と僅かながら低くなっています。

更にプロミスには初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので30日以内に返済すれば実質無利息、60日以内に返済すれば実質金利半額です。

プロミスでは実は平日14:00を過ぎても即日振込を可能にできる

大手消費者金融のカードローンは平日14:00までにオンライン契約を完了すれば即日振込可能(もちろん審査結果による)ですが、それを過ぎてしまうと自動契約機でカード発行しない限り即日融資の可能性はありません。

しかしプロミスには『瞬フリ』というサービスがあり、

瞬フリ

  • 三井住友銀行口座
  • ジャパンネット銀行口座

この二つの口座であればメンテナンス時間以外の24時間365日最短10秒で振込が可能になっています。

ですのでプロミスならこの二つの口座いずれかを持っていれば平日14:00を過ぎても即日振込を可能にできるという最大のメリットがあります。

会社の休日や土日祝日にも最短即日融資可能なプロミス

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率 年 4.5%~17.8%
限度額 最高 500万円

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!

会社の電話口近くに席を置いていたり、家族会社であったり、彼女が会社に居たりと電話を掛けてこられては困るケースが多々ある中で、プロミスが電話を別の方法で確認してもらう相談ができるのは助かります(電話で確認済み)。
これは会社が休みの日も便利さを発揮します。通常在籍確認の電話は必須になりますので会社の休みの日は審査結果が会社の営業日に繰り越されます。しかしプロミスならこのシステムを利用して会社の休みの日でも即日融資が可能(審査結果による)。
しかも初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので申込んでおきたいカードローンですね。

即日融資を受けたい場合に選ぶカードローン

即日融資を受ける場合には振込融資には銀行の営業時間という制限があります。プロミスの場合は平日14:00までにオンライン契約完了という制限になりますが、他のカードローンより制限時間は長くなっています。

更にプロミス・アコムには、提携銀行口座であれば24時間・365日振込融資可能なサービスがあるので、即日融資には有利になります。

時間の関係ない振込サービス

  • プロミス・・・三井住友銀行またはジャパンネット銀行いずれかの口座であれば、登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリがあります。
  • アコム・・・楽天銀行の口座であれば、24時間365日最短1分で振込融資可能なサービスがあります。

銀行カードローンに限っては、全ての銀行で即日融資は完全不可能になりました。総量規制施行以来、自己破産者の数は減少の一途を辿ってきましたが、近年増加傾向に転じて、その原因が消費者金融に代わってカードローンの貸付残高で台頭してきた銀行カードローンと金融庁に断定されました。

 

ですので銀行カードローンに対する金融庁の規制の一つとして、審査の際に警察庁の反社会勢力データベースを紹介しなければならないという手間を追加して、即日融資を不可能にしたと言う経緯があります。


なので銀行カードローンでは、すんなりいっても最低でも審査に二日間は掛かります。土日を挟むと更に掛かりますし、振込の融資方法を持たない銀行カードローンに至っては1週間~2週間程度も掛かってしまう事になります。

主要銀行カードローンの振込融資状況

カードローン 銀行区分 振込融資の
有無
振込融資可能口座 振込融資可能他金融期間口座
三井住友銀行カードローン メガバンク SMBCダイレクト口座 ×
三菱UFJ銀行カードローン メガバンク 自行口座 ×
みずほ銀行カードローン メガバンク × × ×
りそなプレミアムカードローン メガバンク × × ×
静岡銀行カードローン セレカ 地方銀行 インターネットバンキング 初回借入のみ○
横浜銀行カードローン 地方銀行 × × ×
ちばぎんカードローン 地方銀行 × × ×
福岡銀行カードローン 地方銀行 × × ×
スターカードローン 地方銀行 自行口座 ×
MR.カードローン ネットバンク 自行口座 ×
じぶん銀行カードローン ネットバンク どの金融機関でも○
ソニー銀行カードローン ネットバンク 自行口座 ×
ジャパンネット銀行ネットキャッシング ネットバンク 自行口座 ×
イオン銀行カードローン ネットバンク × × ×
セブン銀行カードローン ネットバンク 自行口座 ×
オリックス銀行カードローン ネットバンク どの金融機関でも登録で○
楽天銀行スーパーローン ネットバンク どの金融機関でも事前に登録で○
新生銀行カードローンレイク ネットバンク どの金融機関でも○
ゆうちょ銀行カードローンしたく ゆうちょ銀行 × × ×

次にATMからの引き出しによる融資ですが、即日融資の場合重要なことはカードを即日発行してもらわないとこれも叶わないということです。プロミスの場合全国に多数の自動契約機があり、その数もカードローン随一になっています。オンライン契約が完了していれば全国どこの自動契約機でもカード即日発行が可能となっているのでその場で借入が可能です。

この辺も他の銀行カードローンにはないサービスであり、消費者金融系のカードローンと比べてみても自動契約機の数・金利ともに有利になっています。

自動契約機のあるカードローン全比較

カードローン名 自動契約機設置台数 自動契約機名 営業時間
プロミス 約1,700台 自動契約機 09:00~22:00※
アコム 約1,041台(平成30年4月現在) 自動契約機『むじんくん』 08:00~22:00
SMBCモビット 約435台 自動契約機 08:00~21:00
アイフル 約1,700台 てまいらず 08:00~22:00
レイク・ノーローン 約763台 自動契約機 08:00~22:00
三井住友銀行カードローン 約763台 ローン契約機(ACM) 09:00~21:00
三菱UFJ銀行カードローン 約640台 テレビ窓口 09:00~20:00

※一部21:00までもあります。

即日融資を受けるために注意すべきポイントとは?

総量規制を確認してそれ以上の金額を希望しない

貸金業法では銀行以外のノンバンクでは、

 

年収の1/3以上貸し付けてはいけない


と決まっていますので、即日融資に有利な消費者金融でお金を借りる際にはこれを超えて申込む事はできません。それに近い借入額の希望も審査に時間が掛かる要因となりますので即日融資の場合は

 

必要最低限の希望額に留めておくのがセオリーです。


申込時間や曜日に注意する

融資の受け取り方法は通常の融資であっても即日融資であっても二通りです。

即日融資の手段

  • 振込融資
  • ATMでのキャッシング

振込融資

銀行カードローンではそもそも即日振込のサービスのないところがあり、あったにしても自行の口座のみ即日振込対応というところがほとんどです。しかも銀行カードローンの即日振込の場合はほとんどの銀行が

 

平日12:00までにWEB契約完了後に振込手続きをしなければいけません


ので時間との戦いです。大手消費者金融であればこの時間との戦いも少し緩和されます。

申込日の即日振込

  • プロミス・・・平日14時までにWEB契約完了で手持ちの口座に即日振込可能
  • アコム・・・・・・平日14時までにWEB契約完了で手持ちの口座に即日振込可能
  • SMBCモビット・・・・・平日14時50分までにWEB契約後に振込手続き完了で手持ちの口座に即日振込可能

SMBCモビットは振込手続き完了までを含めて平日14時50分までという表記ですのでどれも同じような内容になりますが、平日正午までの銀行カードローンよりは時間的な余裕があることが分かります。さらにプロミス・アコムであれば、

瞬時振込みサービス

  • プロミス・・・三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座であれば最短10秒で24時間365日振込可能
  • アコム・・・・・・楽天銀行の口座であれば最短1分で24時間365日振込可能(メンテナンス時間を除く)

ですので”平日14:00までに”という条件に縛られる事なく土日祝日にも振込融資が可能になってきます。

勤務先の休日には即日融資は不可能!?

即日融資には審査の通過が不可欠ですが、その審査の最終段階には勤務先から返済の源である給料を本当に貰っているのかどうか確認する為に電話をする『在籍確認』という作業があります。

この作業は勤務先の休日にはもちろん完了することができませんので、審査が勤務先の営業日まで繰り越されるカードローン会社がほとんどです。しかし当編集部調査では先に述べているプロミスとアコムが勤務先の休日でも在籍確認が取れることが判明しています。

勤務先の休日の在籍確認の対応

プロミス・・・希望すれば勤務先が休日でなくても在籍確認の電話を別の方法で確認する相談が出来る。
アコム・・・勤務先が休日の時のみ在籍確認を書類でしてくれる

以上の違いがありますが、土日祝日の即日融資には勤務先の休日というシチュエーションはあり得る話ですのでココは知っておかなくては即日融資は成功しません。

プロミスを学生が利用するための考え方について

学生がプロミスを利用してお金を借りることは、実はそれほど難しいことではありません。利用するための条件は実にシンプルで、

 

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること(パート・アルバイトなどで)

この2つです。厳密にはもっと他にも条件があるのですが、まずはこの2点を満たしていれば学生でもプロミスで融資を申し込むことを検討してみても良いかもしれません。そのため、学生がプロミスを利用するためには自身の条件というよりも心構えの面において考えておくべき部分が多いといえます。

 

たとえば、プロミスでは学生であっても数万円単位の融資を受けることが可能です。


プロミスはもとより、消費者金融の利用そのものが初めてということであれば少なくとも10万円前後の融資を受けることができるでしょう。それもプロミスは申し込んだその日のうちに融資を受けることができる即日融資に対応していますので、いわばその日のうちに10万円を受け取ることが可能となります。

 

ただし、それは自身の「貯金」ではありません。


学生の場合はまずはこの部分の認識を改めてしておくことがプロミスの利用において重要となります。すぐにまとまったお金が手に入るプロミスだからこそ、そのお金というものは

 

自身の貯金ではなく「アルバイトで借入」をしているという事実を認識しておくことが学生がプロミスを利用するためのスタートラインとなるのです。


もちろん借りたお金を利用すればその後は返済が始まります。それも毎月ある程度の金額を返済しなければならず、その回数も決して少なくはないでしょう。貯金であれば毎月の返済義務などというものはもちろん発生することはありませんが、プロミスを利用してお金を受け取るということはつまりは借金をするということに他なりませんので、毎月の返済が問題なくできるかどうかという点について考えておく必要があります。

プロミスは学生でも利用できる利便性の高さがひとつのメリットとされていますが、その場合には利用する学生の側にも考えておくべきポイントがたくさんあるといえるでしょう。そのほかの利用方法としてメリットの大きいプロミスに借り換える方も多いようです。

プロミスWEB審査をしてすぐに借りる前に

プロミスWEB審査をする時は事前に準備をしておく

WEBでお申込をする前に準備する書類等は事前に調べて準備しておきましょう。WEBで申込をされる方のほとんどが即日融資が目的ですので事前準備すれば審査までスムーズにすすめます。

 

  • 借入希望額が50万円まで
  • 他社借入額と借入希望額の合算が100万円まで

であればとりあえずは免許証だけで大丈夫なので、このあたりがプロミスのおすすめの理由なんです。

即日融資ですぐに借りたときの体験談

 

仕事上の先輩の話ですが、その先輩は多重債務を抱えていて返済を7年近くされていますが未だ完済されていません。それと言うのも、返済しては借入ての繰り返しを総量規制ができる前まではそういう返済方法とっていたのです。

もともと消費者金融での借入れるきっかけとなったのが、ギャンブルが好きでその資金を借りる事がきっかけとなったのです。まずは大手消費者金融のプロミスから借入れたそうです。当初は携帯やパソコンの普及がまだまだでプロミスの自動契約機で申込んだらしいです。

当初は自動契約機での申し込みには免許書さえ持っていれば、あとは収入や勤務先を入力するだけで数分まって審査が通れば、後日カードが発行されるしくみでした。やはり定収入のある方なら簡単に借りれる為、どんどん身近になっていくのでしょう。


利用使途は明確に

 

その先輩はギャンブルの資金を借金し、さらにその借金の返済の為に他社から借金するといういわゆる雪だるま式に自分の意思で膨らましていってしまったのです。雪だるま式の果てに待っていたのは、総量規制という法律ができてさらに多重債務から抜けられない状態になってしまったのです。そういった金融関係のところから借りれなくなると人は必ずといって良いほど、知人や友人に頼ってきます。

そこで、ちゃんと返済した人の場合は、引き続き信頼関係を築けるでしょうが、ほとんどの人は借りたまま、返済を滞こうらせ信頼関係を失うことになっています。その先輩は私のところへも借りに来ましたが、何ヵ月後かに連絡があったのですが、再び借りにきたので、その時は断りました。

最初は安心して借りたプロミスの借金が最初から返済計画を立てずに他社から他社へと次々に借金を増やしていった本人に責任があります。そういった事にならないように返済の計画が立たないのであれば、その時は借り入れるべきではないです。


借入が本当に必要か考えよう

 

また、その資金が本当に今必要なのか自問自答してから、申込にいくべきでしょう。最後に資金使途について少しお話をすると、定収入や預金で計画的に返済できるのであれば、消費者金融で代表されるプロミス等の自由使途というキャッシングは非常に便利で人々の生活にある意味人々の生活に役に立っているといってもいいでしょう。しかし、借りる側の資金使途の選択や返済計画により大きな社会問題になる恐れもある事を理解しなければいけないと思います。


プロミスとその他のすぐ借りれるカードローン

自動契約機とインターネットを併用してすぐ借りれるプロミスを実現

 

プロミスを利用するうえでの最大のメリットはなんといっても、

  • すぐに借りれる多彩な即日融資の方法
  • 在籍確認の電話とは別の方法による確認をする相談ができる事

ではないでしょうか?


そんなプロミスの即日融資の流れについても、やはりまずは申し込むところから始まります。プロミスでは、インターネットでの申し込みが手軽で便利ということで高い人気がありますが、インターネットで申し込んだ場合、

 

即日融資を受けるためには申し込む時間が重要なポイントとなります。


インターネットによる申し込みでは、銀行への振り込みキャッシングが行われます(プロミスの場合自動契約機でのカード受取を選択することもできる)ので、その関係から銀行の営業時間内に審査が完了しなければ即日融資を受けることができないからです。とはいえ、そもそも時間がないからこそのインターネット申し込みですので、空いた時間に申し込むことが基本となります。

また、時間を気にすることなくプロミスに融資を申し込むことができるのもインターネット申し込みのメリットでもありますので、逆に時間制限がある状態で申し込むことによって即日融資の可能性が狭くなってしまうことも思わぬデメリットといえるかもしれません。そんな場合におすすめなのが、自動契約機を利用するというものです。

プロミスにも融資の申し込みからカードの発行まで行うことができる自動契約機が用意されていますが、今回の場合は自動契約機だけで申し込むというわけではありません。まずインターネットで融資の申し込みを済ませておきます。

その後審査が行われ審査結果が出れば融資可能となりますが、この段階で銀行の営業時間をすぎていれば当然ながら振り込みでのキャッシングを受けることはできません。そこで自動契約機を利用します。

プロミスの自動契約機は22:00時まで(※一部21:00まで)営業をしていますので、プロミスの審査に通過していればその場でカードの受け取りだけをすることも可能です。

つまり、インターネットで申し込みをしておきカードだけ自動契約機で受け取るというわけですね。自動契約機にはプロミスとの取引に利用できる専用ATMが設置されていますので、カード発行後にすぐにお金を借りることができます。

プロミスにインターネットを利用して審査を申し込もう

プロミスで融資を受けるための審査基準は、非常にシンプルなものです。

 

ひとつは20歳以上69歳未満であるということ、そしてもうひとつは安定した収入があるということです。


特にこの「安定した収入」という点については、たとえばパートやアルバイトであってもプロミスで審査を受けることができます。もちろん審査過程では在籍確認もあります。そのため、主婦であってもパートで収入さえ得ていればプロミスで審査を受けることができますし、派遣社員だからプロミスを利用できないなどということもありません。

安定した収入さえ得ていれば、プロミスの審査は平等なものとなっています。そんなプロミスの審査ですが、その受付についてはインターネットでも行っています。インターネットでの受付の場合、24時間365日いつでも受け付けていますので、仕事が忙しくてなかなか時間がとれないという人であってもプロミスに申し込むことができます。

もちろん審査結果が出るまでの時間も非常にスピーディー。さすがに深夜などの時間帯には実際の審査が行われるわけではありませんので、審査結果が出るまでに時間がかかるものの、日中の申し込みであれば最短で30分程度で結果が出ます。インターネットの場合はプロミスへの申し込みが完了すれば後は審査結果が出るまでそのまま待っていれば良いだけなので、時間的にも効率が良いというメリットがあります。

なお、プロミスの審査では身分証明書の提出が必要となります。インターネットで審査を申し込んだ場合には身分証明書をカメラで撮影した画像データを送ることで身分証明書の提出をすることが可能です。

スマートフォンを使っている人の場合は、専用アプリを利用することでプロミスに送信することもできます。もちろんプロミスでの審査はプライバシーにも配慮していますので、利用していることが家族や知人に知られるといったこともありません。とにかく早く融資を受けたい人、あまり時間がとれない人には、プロミスにインターネットで申し込む方法がおすすめです。

カードローンにもいろいろな種類がある

今回、車を友人から購入する為に現金が必要になりました。預金から車購入資金を使いたくなかったので消費者金融のカードローンを申し込む事にしました。私は消費者金融のカードローンの申込は初めてだったのでネットで調べてからWEB申込を検討していました。

そこで、まず目に止まったのは消費者金融系のプロミスでした。最初から公式サイトで閲覧する前にプロミスWEB申込のキーワード検索で公式サイト以外のサイトを順に閲覧してから、最終的にプロミスの公式サイトを閲覧しました。

隅々まで公式サイトを閲覧したのち、次にみずほ銀行カードローンの公式サイトを閲覧しました。調べていくうちにカードローンにもいろいろな種類がある事に気がつきました。カードローンには大きく分けて、銀行系以外に信販系や金融系とに分かれます。

おまとめローンとは?

又そういったカードローンの多重債務の方を対象としたおまとめローンというものがある事も分かりました。結局は友人からの車の購入額が50万円以内だったのでプロミスで借りる事に決めました。早く友人の車に乗りたかった私は、即日融資しました。

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.