銀行カードローンとの違い

銀行カードローンは全て保証会社に保証してもらっている

投稿日:

消費者金融や銀行カードローンを利用する場合には、基本的に

 

  • 保証人
  • 担保

を用意する必要はありません。これは、融資を申し込んできた本人の個人信用情報をもとに審査を行っているためであり、こうした点もこれらのローン商品が手軽に利用できる要因となっています。

与信判断としての考え方

但し、融資を行ううえでの与信判断としての考え方は消費者金融と銀行カードローンとで違いがあります。基本的には消費者金融は自社の判断で融資を行っていますが、銀行カードローンの場合は融資を行ううえで保証会社が間に入っています。

 

銀行カードローンの保証会社って・・・


この保証会社はいったい何をしているのか、ということなんですが、実はこの保証会社がいるからこそ銀行カードローンでは担保や保証人を用意することなくお金を借りることができるのです。保証会社の役割としては

 

申し込んできた人の返済能力を審査で確認


し、利用可能と判断できた場合にはその旨を銀行側に伝えます。その後、もしも申し込んできた人が返済できなかったりした場合には、保証会社が代わって銀行にその分を支払います。

保証会社と銀行カードローンとの関係

ここの部分だけみると、保証会社がいるから銀行カードローンを支払わなくても良いから安心だと思われがちですが、むしろ安心なのは融資を行う銀行の側です。銀行側からすれば、融資を行った相手が返済されないというリスクはできるだけ避けたいところです。

ただでさえ消費者金融よりも低金利で融資を行っていることになりますので、返済されなかった時のダメージは消費者金融に比べると大きなものがあります。保証会社はそんな銀行側の返済されないといったリスクを軽減することができます。

 

返済が滞った場合は・・・


勿論、保証会社にとっても返済されなければ代わって支払わなければなりませんし、そのような場合には

 

保証会社が債権回収に動きます。


保証会社がいるから銀行カードローンからの借入は踏み倒しても良いというわけではなく、保証会社がいるからこそ返済は確実に行いたいところです。この保証会社の存在の有無が消費者金融と違うところです。

-銀行カードローンとの違い

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.