銀行カードローンとの違い

銀行カードローンにはほとんど無利息サービスがない

更新日:

消費者金融特有のサービスとして無利息期間というものがあります。カードローンを利用してお金を借りる場合、所定の金利によって計算された利息を併せて返済する必要があります。無利息期間とは?

 

この利息が一定期間発生しないというものであり、この期間に返済をすれば利息を含めずに返済することができます。


もともとは集客の一環として期間限定のキャンペーンとして行われることが多かった無利息期間ですが、消費者金融の競争原理から現在ではほとんどの消費者金融業者で導入されているサービスとなりました。そんな無利息期間ですが、

 

銀行系カードローンではこのサービスを導入しているところはほとんどありません。


何故、銀行カードローンでは導入されていない?

なぜ無利息期間は消費者金融で発展し、銀行系カードローンではあまり導入されていないのか、ということですが、

 

この背景には銀行のもつ業務内容が関係していると考えることができます。


銀行が取り扱う商品や業務というのは何もカードローンだけというわけではありません。

銀行が取り扱う商品や業務

預貯金をはじめ、

  • 保険や各種ローン
  • 証券取引

など様々なお金に関する業務を取り扱っています。

銀行業務の消費者金融の業務の違い

また、銀行というところは預金残高を増やし利用者を多く獲得することがひとつの目的となってはいますが、それは必ずしもカードローンの顧客を増やすことと直結するものではないのです。

 

消費者金融の業務遂行上の目的って・・・


カードローンも確かに銀行のもつ重要な業務のひとつではありますが、それ以外にも銀行の業務というものは非常に多岐にわたっています。それに対して消費者金融の場合はカードローンが主力商品であり、

 

融資を行う顧客を増やすことが業務遂行上の目的となっています。


無利息期間とは顧客獲得のための手段であるため、

 

顧客を増やしたい消費者金融にとってはまさにうってつけともいえるサービス


といえるのです。このように、無利息期間の有無を考えると銀行と消費者金融とではその業務内容や目的そのものが違うという背景が浮かび上がってきます。

-銀行カードローンとの違い

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.