消費者金融の審査

消費者金融の審査に影響する申込みブラック

投稿日:

お金が必要で消費者金融や銀行に申請をしているのに審査に通らない事があります。審査に通らないからといって短期間に複数の会社にキャッシングの申請を繰り返してしまうと、

 

申込みブラックと呼ばれる状態になってしまい審査には先ず通らなくなります。


通常、消費者金融や銀行はキャッシングの申請があった場合、申請した人の個人信用情報を調べます。個人信用情報とは

 

その人の今までのお金に関する履歴、いつお金を借りた、いつ返済した、遅延はなかったかなどの履歴がのっているもの


個人信用情報機関という機関が情報を保有しています。消費者金融や銀行はこの個人信用情報機関に申込者の情報を照会します。もしあなたが短期間に複数のキャッシングを申し込んでしまっていた場合、申込履歴が個人信用情報に残っているので、

 

業者はこの情報を見て「この人は複数の会社にお金を申し込んでいる、本当にお金を貸して大丈夫か、信用できない」と判断します。


信用度の判断基準について

この信用できるかどうかの判断については明確な基準はなく、業者によっても判断基準が異なりますので一概に何社以上に申し込んだら申込みブラックになるかということはわかりません。

 

細かな審査基準は業者によって異なることも理解しておく必要があります。


但し、キャッシングなどは通常1社に申し込めば十分なはずなので、半年間で2社3社と立て続けに申し込んでいる場合は警戒されると考えるべきでしょう。ではこの申込みブラックの状態を解消することは出来るのでしょうか?

申込みブラックを解消できても審査を通過できるか否かは別問題

主な個人信用情報機関において、キャッシング申請の履歴が残るのは6か月と言われています。ですので6か月経てば新たにキャッシングの申請をしても業者は過去の情報を知る術がないのでゼロからの状態で審査が行われる事になります。

 

マイナスとなる信用情報が削除されても審査を通過できるとは限りません。


また、申込みブラックに陥らない為に気をつけたいのはクレジットカードの申込みです。クレジットカードを作るだけなら無料の場合が多いですし、作ると特典がもらえる事がありつい軽い気持ちで作ってしまいがちです。

だからといって短期間にカードを何枚も作ろうとすると気づかないうちに申込みブラックになっている危険性があります。

-消費者金融の審査

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.