消費者金融の審査

消費者金融の審査で重視される収入の安定性とは?

投稿日:

 

カードローンの利用をするためには、安定した収入を得ていることがひとつの要件となっています。


パートやアルバイトでも安定収入があれば申込み可能

融資を行った結果返済されないということであればカードローン業者にとっては利益を得るどころか損失になってしまいますので、最低限の条件として安定した収入がある、ということが重要なのです。ここでいう「安定した収入」は、毎月一定以上の金額が収入として入ってくる状態を言います。

たとえば消費者金融の多くは会社員や公務員でなくともパートやアルバイトで働いている人でも融資が受けられるようになっています。

これは、パートやアルバイトとして働いている人であればその金額は会社員や公務員に比べて少ないながらも毎月一定以上の金額が収入として得られれるからです。ただしその場合でも

 

注意が必要なのが勤続期間です。


毎月一定の金額が収入として入ってくる状態になっているとはいえ、まだその仕事を始めて間もない人の場合は「信用」という面では決して高いとはいえません。消費者金融のようにパートやアルバイトでも融資が受けられるところであっても、少なくとも半年~1年程度は勤務実績がなければ信用度が低いため審査に通らない可能性もあります。

正社員でも勤続期間には注意が必要

これはパートやアルバイトに限らず、正社員として働いている場合も同じことがいえます。仮に高額の月収を得ることができる仕事に就いたとしても、まだ入って2ヶ月の状態では収入が安定しているとはいえないからです。

消費者金融をはじめとするカードローンを利用する場合、ほとんどの人は一括で全額返済ということはせず、数ヶ月~数年にわたって分割返済をするという方法を選んでいます。

長期間にわたって返済をすることを考えると、完済するまでの間は安定して収入を得ることができなければ返済がおぼつかなくなります。こうした理由もあり、消費者金融をはじめとするカードローンの審査においてはいかにその人が安定した収入を得ているのか、ということを重視しているのです。

-消費者金融の審査

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.