消費者金融の審査

消費者金融の審査基準を知れば審査に通る

投稿日:

消費者金融の審査基準は開示されていませんが考えれば分かります

消費者金融の審査では希望借入枠(特に希望がない場合は最高50万円程)に対して返済能力があるかと言うことを見られます。他の借入等がなく、安定した収入があるのであれば10~50万の借入枠はすぐ出るのですが、高額希望・他者借入ありとなってくると審査落ち・応相談となってきます。

前者であるなら審査・金利・サービスの三拍子揃ったプロミスで一発審査で借入を開始しましょう。

審査・金利・サービスの三拍子揃った優等生

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率年 4.5%~17.8%
限度額最高 500万円

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
メガバンクの三井住友銀行カードローンをはじめとする保証会社業務もこなす審査のプロ。なのでしっかり与信を見て審査してもらえます。パート・アルバイトの方でも安定収入があれば申込が可能で女性の方には同条件で申込めるレディースキャッシングも用意されています。もちろん男性・女性問わずマネーアドバイザーが借り入れの相談にも乗ってくれるので安心です。
またプロミスの最大のメリットは初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)で返済期間が短ければ銀行カードローンよりも安い利息も可能。スピード審査で即日振込(対応金融機関多数・平日14:00までにオンライン契約完了で可能)や即日カード発行(契約完了後最寄の自動契約機にて)で即日融資に対応しています。
※即日融資は申込の時間・曜日により当日融資不可能な場合があります。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率年 3.0%~18.0%
限度額最高 800万円

最大30日金利ゼロサービス開始で益々使いやすくなったアコムも人気の消費者金融です。こちらもメガバンク三菱東京UFJ銀行カードローンをはじめとする保証業務もこなす審査のプロ。なのでしっかり審査してもらえて、パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能

ヒストリーがなくてクレジットカードの審査に通らなかった方等が頼る消費者金融唯一のクレジットカード『アコムクレジットカード』も申込内容確認の際の電話で伝えれば申込可能。即日振込(対応金融機関多数で楽天銀行ならメンテナンス時間以外24時間365日可能。平日14:00にオンライン契約完了で可能)や即日カード発行(契約完了後最寄のむじんくんにて)で即日融資をサポートしてくれます。

SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率年 3.0%~18.0%
限度額最高 800万円

即日融資に有利なローン申込機を持ち、銀行の保証会社も務めているので審査能力ののある大手消費者金融ですが、無利息サービスがないのでこの評価になっています。ですが電話連絡なし・郵送物なしでWEBだけで申込が完結する『WEB完結』(パート・アルバイトは不可)は人気のサービスになっています。

一般申込ではパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能ですし、即日振込(平日14:50までに契約後に振込手続き完了で可能)や即日カード発行(契約完了後最寄のローン申込機にて)での即日融資サービスはさすが大手消費者金融のサービスになります。

(※即日融資は審査結果により要望に添えない場合がある)

即日融資可能なスピード審査で消費者金融を選ぶ

スピード審査の条件

カードローンの審査のスピードは保証会社によって決まります。保証会社に審査を委託しているカードローンであれば、当然保証会社を介する事になるので審査スピードは落ちます

銀行カードローンでは保証業務を自行で行っているところはありませんので進行の審査が遅いというのはこういうところから来ているわけです。ではどこが審査が早いのか?

 

それは保証業務を自社で行っている大手消費者金融です。


自社で審査を行い、自社で回答する訳ですから審査最短30分回答というキャッチコピーが謳えるのです。

大手消費者金融審査スピード

編集部調査結果 実質年率 借入可能額 審査スピード 詳細
プロミス 年4.5%~17.8% 最高500万円 最短30分 プロミスの詳細へ
アコム 年3.0%~18.0% 最高800万円 最短30分 アコムの詳細へ
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最高800万円 最短当日中 SMBCモビットの詳細へ

即日融資可能かどうかの条件

カードローンの融資方法は二通りあります。

 

  • 振込融資
  • ATMによるキャッシング

即日融資を受けようとすると振込融資には金融機関の営業時間の関係がありますので前述の審査スピードが影響してきます。ですので、

 

  • 大手消費者金融・・・平日14:00までにオンライン契約完了
  • 銀行カードローン・・・平日正午までにオンライン契約完了

多少金融会社により差はありますが、大手消費者金融の方が即日振込の可能時間は長くなっています。ATMによるキャッシングはカードがないことには話しになりませんので、郵送のみの発行システムの金融業者では不可能です。ですので、

 

即日ATMによるキャッシングをしたければ自動契約機のあるカードローンに申込まなくてはいけません


自動契約機のあるカードローン

編集部調査結果 自動契約機設置 詳細
プロミス 1,129台+1,371台(三井住友銀行ACM利用可能な為) プロミスの詳細へ
アコム 1,066台 アコムの詳細へ
SMBCモビット 350台 SMBCモビットの詳細へ

学生・主婦でも審査可能な消費者金融

学生・主婦でも消費者金融をはじめとするカードローンに申込む事ができます。しかし申込むのにも条件があります。

 

  • 年齢が20歳以上69歳以下である事(上限年齢は各社差がある)
  • パート・アルバイトなど安定した収入のある事

上記の条件を満たさない学生・主婦は以下のようになります。

学生・主婦

18歳以上20歳未満の学生で安定収入あり・・・申込不可能
18歳以上20歳未満の学生で安定収入なし・・・申込不可
高校生・・・申込不可
主婦・・・パートで安定収入があれば大手消費者金融に申し込めるが、収入のない専業主婦は厳しい。

消費者金融の審査で注意する事

消費者金融の審査で最もやってはいけないことは小細工をすることです。申込みの際には

 

正しい情報を正確に偽りなく記入しなければなりません。


これが審査を通過する一番正しい方法であり、審査を早く済ます方法でもあるのです。

用意するもの

本人確認

消費者金融などのカードローンに申し込みをする際には必ず本人確認のできるものの提出が必要になります。これについては、

カードローンに申込に必要な物

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

などがありますが、写真付きの運転免許証が本人確認のできる書類として一番効力があり、業者も運転免許証の提示を求めてきます。免許を持っていない場合は健康保険証かパスポートと言う事になります。

収入証明

高額貸付をする場合は消費者金融などのカードローンでは収入証明が必要となります。これは総量規制により消費者金融などのノンバンクは法律的に年収を確認しなければならなくなった為です。

なので本来どんな場合でも申込時の申告年収が正確であるかどうかの確認をする為に収入証明は必須となるのですが、

 

  • 面倒だ!
  • 用意するのに時間が掛かる・・・

など申込者の申込離脱を防ぐ為に金融業者規定の小額の場合だけ収入証明の提出を免除しています。各金融業者の規定は次のとおり。

- 収入証明の不要な借入希望額
プロミス 50万円
アコム 50万円
アイフル 50万円
ノーローン 50万円

総量規制対象外の銀行カードローンでは100万円以上の所がほとんどですが、いずれも原則不要で提出を求める場合もあるというスタンスです。年収を証明できるものとしては、

年収を証明できるもの

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 給与明細書(直近のものが求められる)
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 年金証書
  • 年金通知書

などがありますが、正社員であるなら一般的に源泉徴収票です。ただし源泉徴収票は住宅ローンなどで現物提出を求められる事が多々ありますのでそういう場合は、

 

  • 現物提出する前に最新のもののコピーをとっておく
  • 会社に再発行を求める
  • 給与明細書で代替をする

いずれかの方法で所得証明をすることになります。あとは個人事業主であったり、年金受給者であったり、不動産収入者であったりと用意する収入証明は異なります。

在籍確認の電話を書類で済ませる場合

収入証明が申告年収を確認するものであれば、在籍確認は現在進行形でその年収が支払われているのかという確認です。両方確認して初めて収入の確認ということがいえるのですが、こちらの在籍確認は小額だからといって免除されることはなく必須の作業となっています。

 

○○(オペレーター名)と申しますが××さん(申込者名)ご在籍ですか?


在籍確認は必須なのですが、この電話は回避することが可能なのです。会社に在籍していることを証明できる直近の証明書などで確認を取ってくれる消費者金融があるのです。

 

  1. 会社に電話されると困るんだよねぇ
  2. 今日会社が休みだから電話かけても誰も出ないよ・・・

こういった要望に対応する為に用意された消費者金融独自のサービスです。

1・2の場合も対応可能なプロミス

プロミスではどちらの場合も対応可能で、申込内容確認の電話の際に

 

電話を掛けて欲しくない事をプロミスのオペレーターに伝えれば、会社への電話以外の在籍確認の方法を案内してくれます。


>>プロミスの詳細へ

正社員であればWEB完結で対応可能なSMBCモビット

SMBCモビットは正社員であればWEB完結で対応可能です。WEB完結で必要な書類は、

本人確認

  • 運転免許証
  • パスポート

のいずれか。

収入証明

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分。できれば1年分の賞与明細書も。)

のいずれか。

勤務先を確認

  • 健康保険証(社会保険証・組合保険証)
  • 給与明細書(直近1ヶ月)

の両方。収入証明で給与明細書を選択した場合は給与明細書は省く事ができます。

>>SMBCモビットの詳細へ

会社が休みの場合だけ対応可能なアコム

アコムの場合は会社が休みの場合だけ対応可能になっています。申込内容確認の電話の際に会社が休みだと伝えれば、必要な書類を案内してくれます。必要な書類は、

必要な書類

健康保険証(会社配給のもの)
給与明細書(直近のもの)

のいずれかになります。

>>アコムの詳細へ

総量規制範囲内なら審査に有利な消費者金融系

総量規制(年収の1/3までしか貸し出してはいけない)の範囲内であれば銀行カードローンの保証会社も担う大手消費者金融が審査にも長けています。下手に銀行カードローンの審査に落ちてしまってはその後の審査にも影響しますので確実に審査に通る方に申込むのがベターです。

総量規制範囲内の借入であれば銀行のカードローンとそれほど利息も変わりませんのでむしろ銀行のカードローンにはないサービスが大手消費者金融にはあるのでこちらで借入れる方が有効です。

 

  • 無利息サービスがある(プロミス・アコム)
  • 振込融資可能時間が長い(プロミス・アコム・SMBCモビット)
  • 365日24時間振込可能口座がある(プロミス・アコム)
  • 自動契約機を持っており全国に多数設置(プロミス・アコム・三井住友銀行カードローン・SMBCモビット)

-消費者金融の審査

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.