消費者金融の金利に関する知識

消費者金融でお金を借りるならコレは用意しておく

投稿日:

お金を借りたいと思うのならまず絶対に必要不可欠なのが「身分証明書」です。これは、

 

  • 運転免許証(写真つきなので最優先で求められる)
  • パスポート
  • 健康保険証(※現在は住民票などのプラス書類が必要)

などといったものが相当しています。しかし現在では写真の付いていない健康保険証は、金融庁からの指摘により住民票などのプラス書類が必要になっています。写真がないと本人確認書として不適切という判断が下されたのです。

編集者の前の職場でも、兄の健康保険証を使って消費者金融でお金を借りようとした人がいました。未遂に終わったのですが、そういったこともある恐れがあるので、プラス書類が必要になったのでしょう。

もし借りたい金額が50万円以下であるのなら必要な書類はコレだけといったところも存在しています。たとえ、低額の借り入れであっても自分を証明するものを提示することは信用を得るために重要なことです。

そして、もし1社で50万円以上の借り入れを希望する場合や他社を含めて今までの借入総額が100万円を超えるという人の場合は身分証明書の他にも、収入証明書の提示が必要となってきます。これは、

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近1~2ヵ月分)
  • 確定申告書の控え
  • 住民税の通知書等

といったものが相当します。これを提示する事で自分の現在の収入がいくらあるのかを証明する事になります。高額な金額を融資する場合には申込者の返済能力があるかどうかを見極める為にこのような書類の提出を要求しているのです。

虚偽の申告のチェックにもなる

例えば、本審査で落ちるケースのひとつとして記載事項の虚偽の申告が原因とされる場合には、このような提出した書類によって発覚する事も多く、故意でない場合でも審査落ちする可能性は多分にあるので記入漏れや記入ミスのないようにしましょう。

 

虚偽の申告による申込みは審査落ちの要因になります。


尚、前述した書類が基本的に必要な書類となりますが、銀行と消費者金融とでは少し違います。それは銀行カードローンは貸金業法の対象外である為50万円を超える融資での収入証明書の提出の義務づけがないので設定額の高い銀行が多いです。

-消費者金融の金利に関する知識

Copyright© 即日融資完全マニュアル【プロミスですぐ借りれる方法】 , 2018 All Rights Reserved.